収益モデル

協業体制

地方新聞社・地方新聞社販売店・MIKAWAYA21との連携により、社会課題である高齢者支援に貢献します。

まごころサポート

新聞社の役割

紙面でのプロモーション、販売店にマグネットシートやチラシの配布を呼びかけ

MIKAWAYA21の役割

コールセンター業務、顧客管理システムの運用、おもてなし規格認証取得の推進、販売店以外の事業者のマネジメント

新聞販売店の役割

まごころサポートの実施、マグネットシートやチラシの配布、地域への呼びかけ

収益シュミレーション

事業そのもののサービスを受けるシニアからの課金が収入源となります。 サービスのリリースに先駆けて試運転をした地域での受注率は0.5%。
マグネットシートを1万世帯に配布し、なおかつ受注単価が2万円だと仮定した場合 年間での売り上げは3,600万円×手数料率だと試算することができます。
収益をあげつつ、地域ごとのシニアのニーズをCRMや現場作業員の報告により収集することで、暮らし駆けつけサポートの事業基盤をシニアマーケティングの情報源としてご活用いただけます。