IoT事業シリーズ

少子高齢化が進み、かつての日本社会に習慣づいていた地域のつながりが失われつつある現代。 お年寄りを見守る目が減少し続けてています。

MIKAWAYA21は、お年寄りの健康状態を把握したり、危ない状況に晒されていないかを確認するために、テクノロジーを活用しました。

IoTデバイスの企画制作では、すでに全国100件以上のお宅への導入を実現。
ドローンを使った生活サポート事業は、実用化に向けて実証実験を推進しています。

>>高齢者見守り用「まごころボタン」はこちら
>>高齢者見守り用「MAGOスティッキ」はこちら
>>MIKAWAYA21のドローンへの取り組みについてはこちら