「まごころ」の力で「お困りごと」を「笑顔」に街のサポートステーションが「まごころサポート」お届けします

新年明けましておめでとうございます。
MIKAWAYA21の鯉渕です。

今年もメンバー揃って、無事に新年を迎えることができました。
日頃の皆さまからのご支援、ご協力に厚く御礼申し上げます。

昨年はMIKAWAYA21にとって大きな変化の年でした。
全国3箇所(沖縄、新潟、大阪)で「まごころサポートサミット」を開催させていただき、日々サポートに取り組まれている方々のお声をたくさんお聞かせいただきました。秋には全国31箇所でセミナーを開催させていただき、約400名の方に足をお運びいただきました。11月には皆さまからのお声によりお応えできるようにと、新サービスメニューをリリースし、こちらにつきましては、さらなるメニューの充実をはかっていきたいと思っております。

また、5月にドローン宅配サービスを発表したことをキッカケに、新聞をはじめ、テレビ等の各メディアに「まごころサポート」を取り上げていただくことで、一般の方からも「この地域でやってないのかしら?」といったお問合せをいだだきました。感激するとともに、そのお声に応えられない悔しさも感じ、社会問題の解決により一層取り組んでいきたいと思った出来事でした。

また、12月には初めてのセミナーのライブ配信という新しいチャレンジもさせていただき、全国350名を超える方々に聴講いただき、嬉しい年の締めくくりとなりました。

個人的には、祖母が卒寿を迎えるとともに、毎年楽しみにしていた新幹線での旅行をやめる等、家族にとっては節目の年となりました。また、娘が無事に1歳を迎え、育児と仕事の両立の難しさに直面しながらも、ママ友たちの地域での活躍の可能性を強く感じております。

2016年は、団塊の世代が65歳以上となり、社会保障改革は加速することが予想されます。そのような中で、地域のつながりが高齢化社会を守るだけでなく、サービスする人もされる人も、もっと笑顔あふれるために「もっとスピーディーに」「もっと細かやかに」そして「もっと暖かく」、サービスの仕組みづくりをしていきたいと思っております。

ぜひ2016年もMIKAWAYA21にご期待ください。
本年も宜しくお願い申し上げます。

MIKAWAYA21株式会社
代表取締役社長
鯉渕 美穂